忍者ブログ
飛鳥千尋のサークルEins:Vierの活動報告と石橋トモ(ともぞぬ)の日記
[49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39
申し込み中のイベント
◆2012/2/26◆
 公野櫻子作品オンリーイベント
『Cherished Princess!』

◆2012/6/24◆
サンシャインクリエイション56
ツイッター
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2-1

思えば………道に迷い始めた時から、既に術に掛けられたのかもしれない。

「あの幻術師(イリュージョニスト)………名前を聞いておけば良かったな………」

と夢うつつの中で千影が思い付いた時。

「千影ちゃん、今日は随分お寝坊さんなのね?」

「おねぼうさんなのね、ねえたま?」

姉と妹の声―――千影はベッドの下で目を醒ました。

 

「第二話」

 

「また夜更かししていたの?」

「ああ………どうも夢中になる性分でね………」

あれから無事に夜が明けた。

ちょっとした助けが来たお陰で朝には帰宅する事が出来た。

「持つべきものは愛すべき妹………だけど眠いな………」

「千影ちゃん、何か言った?」

「いや………なんでも………」

 

*

 

千影は椅子の背凭れに身を預け、姉、可憐が髪を梳くのに任せている。

朝日は千影の魔女の刻印を映し出さない―――黒髪を可憐に預けるのはいい気分だった。

妹、雛子は千影の膝の上で、歌を歌っている。

「何だか具合が良くないようね………朝ごはんは食べられる?」

「ああ………大丈夫………それに、起こして貰うよう頼んだのは………この私だからね」

「あと、やっぱりベッドは寝辛い?いつも転げ落ちているみたいだけど」

「まあ………その内慣れると思うよ………」

まさか棺桶の方が落ち着くとは言い辛い。

そう言えばあの棺桶―――物心付いた時から千影の寝床であり、隠れ家であった―――は暫く使っていない………何処に置いただろうか。

しかし、何故だろう。眠いのは分かるが―――何か胸の辺りがむかむかする。

「それにしても………千影ちゃん?」

髪を梳かしながら可憐が耳打ちする。

「何だい………姉さん?」

「昨晩は一体何処に行っていたの?」

「………………………………」

「千影ちゃん?」

「い………一体………何を言っているのかな………」

夕食の時には家族全員が集まる事になっている。だが昨晩は帰れるか分からなかった為、魔道具によって生み出される分身、『影』を置いて来た。千影と『影』は、記憶の共有を行う事が出来る。

「千影ちゃん、とぼけてもダメよ?じゃあ昨日の夕ごはんを覚えている?」

帰宅してからすぐ、昨晩の出来事に関して家族との間で齟齬が生じないように、『共有』を行ってからベッドに沈み込んだのは正解だった………

「勿論………しゃぶしゃぶは兄くんの次に好きだという事………可憐も知っているだろう?」

「そうね、でも、千影ちゃん、昨日皆が止めているのに、お肉を生のまま食べていたわよ」

「なにい………いや、何でもない、その………」

この胸のむかつきはそう言う事か………『影』の行動を単調にし過ぎている所為だ。ともかく言葉を続けた。

「はは………生肉は可憐の次くらいには好物………だよ」

「ねえねえ、ヒナはぁ?」

と膝の上の雛子。

「雛子はしゃぶしゃぶと同着………二位だよ」

「わあ、よかったぁ。ヒナ、にばん~」

「おっと………紅茶がこぼれるよ………」

「それで、白雪ちゃんのケーキは何番目くらい?喜んでいたわよ?今日も千影ちゃんの為に腕によりを掛けてスイーツを作るんだって、朝早くから厨房に篭りっぱなしよ」

「白雪の………ケーキ?」

肩越しに振り返り後ろを見る―――可憐が首を縦に振る。

向き直り雛子と目を合わせる―――やはり首を縦に振る。

「きのうの白雪ちゃんのケーキ、すごかったよね?ねえたま………一人で食べちゃうんだもん………おいしかった?おさかなさん」

ケーキ?魚?記憶を辿る―――まだ図示されていないビジョン。

「う………」
千影は―――視た。

何か巨大な魚の頭が毒々しい色の装飾をされて、これまた禍々しい彩りの土台であるケーキの上に鎮座ましましており、一言で言えば―――邪神降臨と言った風情だ。

「私が………食べた?」

肩越しに振り返り後ろを見る―――可憐が首を縦に振る。

向き直り雛子と目を合わせる―――やはり首を縦に振る。

次の瞬間、千影は口に含んでいた紅茶を垂れ流していた。抱えていた雛子の頭上へ。

「やだあ………ねえたま、もう、お着替えしたばっかりなのに………ぐす」

べそをかき始めた雛子。

「あ………済まない………可憐………悪いが、お小言は後で………あと髪も後で………まずお風呂にする………雛子、行こうか………」
膝の上から雛子を降ろしながら言った。

「え?ねえたまとおふろ?」

「ああ………そうだよ………」
髪を撫でる―――砂糖がたっぷり入った紅茶でべたべただ。

「わーいわーい、ヒナ、ひよこさん取って来るね!」

途端に泣き止んだ雛子は、自室に走って行った。

 

*

 

「しかし………凄いね、姉さん………あの『影』は兄くんでも見破れないのに………」

「だって千影ちゃん、嘘をつく時、私の事、『可憐』って呼ぶでしょう?昔からね、千影ちゃん………壁を作る時、そうしていたのよ?」
可憐が微笑んだ。

「そう………か」

「それに………」

「それに?」

「昨日の千影ちゃん、眼帯をしていなかったわ」
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
pixiv
XBOX360
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
XBOX360
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]